ベッドのサイズの選び方

ベッドサイズを選ぶ時は「ベッドのサイズに影響される寝心地」と「部屋の大きさ」の2つの視点から考えることが大事です。 下記の説明では、快適に寝るために最低限欲しい横幅と、部屋の大きさに対するサイズ感が視覚的に分かる様にしてみました。

一人で寝るベッドのサイズ

ベッドで良い質の睡眠をとるためには、ある程度左右に 寝返ることができる スペースが必要です。 肩幅の左右15cmづつ空いたスペースがあると寝返りができ、睡眠の質が向上すると言われています。 

日本の男性の平均肩幅は45cm、女性の平均肩幅は41cmですので左右15cm、合計30cmの余裕スペースを足すと、男性では最低75cm幅,女性では71cmの横幅があれば、良い事になります。

一番横幅が狭いセミシングルでも約80cmあるので、セミシングル、シングル、セミダブルにおいてはすべてのサイズにおいて十分は幅あると考えてよいでしょう。 一人用のベッドをお探しの場合は部屋の大きさや、予算などを考慮した上でお好きなベッドサイズを購入すれば良いだけ! 平均的な体格な方であれば、どのサイズでも、狭すぎると言う事は無い事になります。

良く考慮したい2人で寝るベッド

一人の場合と違い2人で寝るベッドは良くサイズ感を把握してからサイズを決めることをお勧めします。 まず先入観を払拭したいのが「ダブル」ベッドです。

シングルから→2人になるから「 ダブル 」!と思いがちですが如何でしょうか? クイーンベッドはダブルを更に大きくしたビッグ感たっぷりのベッドと思われがちです。  

確かに「ダブル」は「2倍」のイメージがあるのですが、決して2倍ではない事が下のサイズ表で分かります。 ダブルはシングルの1.5倍より狭いことが分かります。 大きいと先入観のあるクイーンサイズ、キングサイズでさえもシングルベッドの2倍以下の横幅となります。

結局シングルx2が広い!

一人の場合は肩幅+30cmが目安となりますが、2人用のベッドの場合は「肩幅の合計+60cm 」 が余裕あるスペースの目安となります。

日本の男女双方の平均肩幅を合計すると86cmになりそれに余裕分60cmを加算すると146cmとなります。ダブルベッドではわずかですが、平均サイズのカップルにとって若干左右のスペースが不足気味のベッドと言う事になります。

こちらのサイズは参考サイズです。メーカーにより若干サイズが異なります。

セミシングルベッド

セミシングルベッドは狭い部屋をなるべく広く使いたい時に重宝するベッドサイズです。小型ですが、シッカリと寝返りが出来る最低限の幅は確保されています。ワンルームマンションでのお一人利用やお子様用にお勧めですが、2台のベッドを並べて使用する場合もセミシングルx2で快適な睡眠環境をつくる事ができます。

セミシングルを2台並べた場合、80cmx2で160cmとクイーンサイズと同等の広さになります。 セミシングル2台使いの場合、好みのマットレスを別々に使えるなどのメリットがあります。

6畳の部屋でのセミシングル2台使いとシングル2台を比較すると、シングル2台では部屋に窮屈感がでてしまいます。 セミシングル2台と言ってもその横幅は80cmx2で160cmのクイーンサイズに匹敵する広さがあるので、体の大きさが標準的な方でしたら、セミシングル2台で6畳を広く使うことも検討の余地ありです。

セミシングルなら6畳を限りなく広く使える!

6畳の部屋でセミシングルベッド
6畳の部屋でセミシングルベッドX2

シングルベッド

標準的に6畳で使うシングルベッド

シングルベッドは文字通り1人用のベッドです。六畳以上あれば搬入には問題なく、部屋にスッキリと収まります。 セミシングルと並びシングルベッドの2台置きも人気です。サイズ的にも幅97cmx2台で合計194cm幅となり、キングサイズ=180cmより幅が広く、快適な環境を確保できます。

6畳で シングルベッド一台での配置例

シングルベッドは6畳の部屋でも2台並べての使用が可能です。 2台分の睡眠用スペースは申し分ない大きさで快適ですが、シングルベッド2台を6畳に配置してしまうと、他の家具はあまり入れる余裕はないのでベッド専用の部屋として割り切って使う事が前提となります。 

どうしても部屋のスペースに制約がある時便利!と人気上昇中のベッドが跳ね上げ収納ベッド。狭い部屋でも収納スペースが確保できる跳ね上げベッドはワンルームマンションや狭い寝室の荷物をスッキリ収納して、スペースを有効活用できると、今大人気商品です。 シングル2台を並べてのレイアウトの場合、縦の跳ね上げ式と横の 跳ね上げ式をうまく組み合わせると、収納した荷物が取り出しやすくなり便利。 詳しくは跳ね上げベッドの詳細をご覧ください。シングルベッド6畳をゆったり睡眠重視

6畳で実現可能・ 睡眠重視のシングルx2

6畳で シングルベッド2台での配置例

ゆったり感覚で シングルベッド を 8畳で使う

シングル2台を6畳に配置するとどうしても部屋に圧迫感が出てしまいます。その上、他の家具を置くスペースがほとんど無くなってしまい、寝室としての機能を十分発揮できない事も考えられます。 シングル2台使いの場合は、クローゼットやチェストなどの家具を配置する事や空間的なゆとりを考慮すると8畳の部屋がお勧めです。  

8畳で シングルベッド2台での配置例

8畳の部屋をシングルベッド一台で利用すると、他の家具を入れる事ができ、部屋の利用目的が一段と広がります。ベッドルームのみならずプチリビングとしてもOK。ソファベッドを追加すれば来客にも対応できます。 

セミダブルベッド

セミダブルを6畳一人用・睡眠重視で使う

セミダブルベッドはともかく「一人で広く寝たい」方に適したベッドで、6畳の部屋に入れて使う事もできます。「セミダブル」と言われるとなんとなく「ダブル=2人 」 のイメージがあるかもしれませんが、横幅120cmと比較的に狭いため、2人で寝るためには適していません。 

2人で寝るためには決してお勧めできないベッドサイズです。6畳の部屋を睡眠スペース優先で使いたい場合や、8畳の部屋を寝心地と他のスペースをバランス良く利用したい場合におすすめです。

セミダブルベッドを6畳に配置の例

セミダブルを8畳で贅沢に使う多目的ルーム

8畳の部屋ならセミダブルを置いても部屋の半分以上は他のファーニチャーのレイアウトが自由自在。 お好みの1人専用ワンルームに仕上げることができます。 

8畳で海外の高級ホテル並みのセミダブルx2

8畳にセミダブルを2台並べれば、合計ベッド横幅240cmとなり、この上ない寝心地の寝室となります。部屋のスペースに余裕があれは是非実現したい、理想の2人用寝室です。 

家に収納スペースが少ない場合はセミダブルの大型跳ね上げベッドを利用することで、余分なものをベッド下に収納する事ができ、部屋が一層スッキリ。ベッド下の収納スペースも3段階の大きさから選ぶ事ができ、最大の 「 ラージ」なら830リットルの収納力があります。 

ダブルベッド

2人で寝るには微妙に狭いダブルベッド。かなり小柄なカップルで無い限り、ダブルベッドは超贅沢な一人用ベッドと割り切った方が良いと思います。 

日本の男女双方の平均肩幅を合計すると86cmになりますが、それに寝返りのためのスペースがそれぞれ30cmづつ合計60cm必要となります。 合計146cm無いと2人が十分に寝返りできない計算になるところ、ダブルベッドは140cmと6cmの寝返りスペースが足りない事になり、睡眠の阻害にもなりかねません。

スッキリ6畳の部屋収まるからと言う理由でダブルベッドを二人寝用に検討するのはおすすめできません。ともかくセミシングル2台分(160cm)よりも20cmも横幅が狭いスペースに寝ることができるか、良く検討する必要があります。

逆に1人用であればダブルベッドはスペースが十分あるこの上無い寝心地のベッドとなります。

ダブルベッドがもたらす一人利用での至福の睡眠

8畳にダブルベッドx2 でベッドルームの理想の形

8畳ならでは可能なダブルベッドx2の設置。 ただし左右に通路の余裕があるのみですので、荷物は他に収納場所がある事が前提になります。 

クイーンサイズベッド

収納付きを選べば六畳にも使えるクイーンベッド

クイーンサイズベッドはセミシングルベッド2台分160cmと同じ大きさになります。6畳でクイーンサイズベッドを入れるとうまく収まりますが、収納用の家具を設置するスペースが足りない状況となります。 セミシングルx2で構成される跳ね上げベッドクイーンサイズならベッド下を収納に割り当てる事ができるので狭い部屋でもお勧めです。

8畳にクイーンサイズなら大型テレビで映画を

8畳にクイーンサイズベッド置けば広々とした特別なベッドルームに仕上がります。 大型テレビで映画を見ればそこは第二のリビングルームに。 

広々感を演出するためベッドを(セミシングルx2の)跳ね上げ式収納ベッドにすれは、散らかり気味のものはベッドの下に収納。 素敵なオープンスペースを楽しめます。

セミシングルx2の跳ね上げ式収納ベッド

キングサイズベッド

ベッドカバーを変え素敵なベッドルームを

キングサイズベッドはまさにベッドの王様。そのサイズ感がまるでワンランク上のホテルを思わせます。 しかしクーインサイズやダブルベッドを大きさで凌ぐキングサイズベッドでも、 実は 大きさではシングル2台に勝てないんです。 シングル2台で194cmとなりキングサイズベッドの180cmを上回ります。

サイズでは負けてもやはりキングサイズベッドの最大の魅力はその存在感ではないでしょうか? ベッドルームにあるだけで部屋のグレードがグ~ンと上がるそんな所がキングサイズの魅力です。 ベッドカバーを変え素敵なベッドルームを作り上げるなど、ベッドの機能以外にもインテリとして楽しめるキングサイズです。

キングベッドのベストマッチは大きな部屋!

キングベッドを6畳に配置すると左右に通路が確保されますが、部屋の50%をベッドと通路で占有されてしまい、魅力のラクジュアリー感が損なわれている様です。 6畳の場合はシングル2台を配置して、雰囲気より実を取り、キングを上回るスペースを狙ってみるのでどうでしょうか?

もちろん8畳であれば、部屋の真ん中にデ~ンとキングサイズベッドを置き、ホテルのスイートルームの様な快適な寝室が実現します。

6畳にキングサイズベッドを配置した例
部屋のグレードがグ~ンと上がるキングサイズ